Gg[ubN}[N
Contents
健康診断は定期的に利用しましょう

健康のために食品添加物を減らす

食べ物が売られているときに賞味期限、消費期限などが決められることがあります。これらは特に基準などはなく、表示は製造者が独自に決めています。賞味期限はおいしく食べられる期限でそれ以降に食べても特に体に問題はないとされます。消費期限は腐敗との関係からその期限を超えると食べるのはよくないとされています。流通のためにはできるだけ消費期限などを長くしようと工夫されていて、その中に食品添加物が使われることがあります。

食品添加物にはいろいろな種類があります。色をつけるものや味をつけるものなどがあります。そのほかに防腐剤があります。腐るのを抑えるために入れられますが、防腐剤は必ずしも健康には良いといえないことがあります。一応一定の基準をクリアしているので日本では問題ないとされています。国によってどれだけ使っていいかの基準が決められているようです。

食べ物は自然においておけば腐るのが当たり前です。それを腐りにくくしているための素材なので、それが体に入ったときにどう影響するかです。食べてすぐに病気になるなどはないでしょうが、長く取り続けていると問題が出るかも知れません。必要に応じて食べることもあるでしょうが、入っているものを使わないようにする心がけも必要です。

yQlz

Copyright (C)2018健康診断は定期的に利用しましょう.All rights reserved.